ニキビ ビタミンC誘導体

ニキビへのビタミンC誘導体の真のメリットと効果

 

 

ニキビにはビタミンC!、と言われますよね。

 

しかし、最近の医療現場ではビタミンCよりもビタミンC誘導体をニキビ治療に使っていることがほとんどなんです。

 

 

これは通常のビタミンCにはないメリットと効果がビタミンC誘導体にあるからです。

 

これまで、ビタミンCが入ったニキビ対策化粧品やニキビ薬でしっかりとケアしているのになぜかニキビが全然良くならない〜といったことがありませんでしたか?

 

実はこれが通常のビタミンCのデメリットなんです。

 

そしてこうしたデメリットを上手く解決して、ニキビをしっかりと撃退してくれるように改良されたのがビタミンC誘導体というものです。

 

ビタミンC誘導体は◯◯◯と◯◯◯がすごい!

 

 

1日仕事をして帰宅した後に自分の肌を触るとわかりますが、うっすらと油っぽくなっていることがありますよね。これは肌が外気や雑菌そして紫外線などから肌表面を守るために皮脂が分泌されているためです。

 

そしてこの皮脂が肌のバリア機能という役割を果たしてくれることで肌は表面上、清潔に保つことができます。

 

しかし、こうしたバリア機能は成分や栄養を浸透させるときにも働いてしまうため、浸透力や吸収率が悪いものだと肌表面でこれらを弾いてしまうことになります。

 

 

これが通常のビタミンCが入っているニキビ対策化粧品やニキビ薬でケアしていても一向にニキビが治らない原因なんです。

 

ビタミンCはもともと成分自体が吸収されにくく、本来の美肌効果を発揮してくれる安定性に欠けている成分です。

 

そのため、肌表面のバリア機能によって弾かれてしまうと全くニキビには効果がなく、無駄なケアとなってしまいます。

 

 

ビタミンCのニキビへの効果は赤く腫れた部分の抗炎症作用やバリア機能となる皮脂を過剰に分泌させないようにしてニキビを治すだけでなく、予防してくれるというものです。

 

しかし、通常のビタミンCはこうした効果が肌に浸透&吸収されないために全く効果×の状態になってしまっているんですね。

 

 

この通常のビタミンCのデメリットをすべて解決したのがビタミンC誘導体です。

 

つまり、ビタミンC誘導体は通常のビタミンCと違って、肌への(角質層への)浸透率や吸収率が格段に良くなっているんです。

 

具体的にはビタミンC誘導体は肌表面につけた直後に浸透し、その後に酵素反応によってビタミンCへと変化して肌内部の角質層に吸収されます。

 

そのため、これまでちゃんとケアしていてもニキビが全く治らない〜と困っていた多くの方々がビタミンC誘導体のこうした吸収率浸透力のおかげで驚くほどニキビが改善するようになりました。

 

ビタミンC誘導体にもランクがある??

 

これまでビタミンCが入ったニキビケア化粧品や市販の薬などを試してきても、ニキビが良くならない場合はビタミンCの品質およびレベルをチェックする必要があります。

 

つまり、通常のビタミンCであれ、ビタミンC誘導体であれ、これらには品質や効果によるランクがあるのです。

 

 

こうしたランクを見分けるためにもまずはニキビ対策に定評のある人気ニキビケア化粧品に配合されているビタミンCおよびビタミンC誘導体をチェックしてみましょう。

 

  • ビーグレン

海外発のコスメでニキビケア対策としても人気なのがビーグレンです。

 

ビーグレンに配合されているビタミンCはピュアビタミンCと言われるもので非常に濃度が高いビタミンCです。濃度が高いために美肌効果も高くなりますが、通常のビタミンCなため、浸透率と吸収率が良くありません。

 

ただし、ビーグレンは独自のサイエンステクノロジーである浸透技術でこのピュアビタミンCを肌表面で弾かれないようにしていますが、浸透率や吸収率に関しては実際に根拠のあるデータは見当たりません。

 

 

  • ノブACアクティブ

皮膚科医がおすすめするニキビケア化粧品としてブランドになっているのがノブACアクティブです。

 

ノブACアクティブは美白もできるニキビケアとして有名です。その理由がビタミンC誘導体が配合されているためです。

 

しかし、ビタミンC誘導体でもどのようなビタミンC誘導体であるのかということがはっきりしていません。つまりビタミンC誘導体のランクがわからないのです。

 

いま現在、最強と言われるビタミンC誘導体とは?

 

ズバリ、VC200といわれる最新型のビタミンC誘導体です。

 

このVC200はどんなビタミンCよりも浸透率と吸収率が最強ランクです。

 

ビタミンC誘導体の中でも現在、医療現場などで使われているのはAPPS進化型ビタミンC誘導体(アプレシエ)といわれるものです。これはAPPSアプレシエが通常のビタミンCよりも約10000倍の浸透率と吸収率があるためです。

 

しかし、VC200はこのAPPSアプレシエの約2倍の浸透力があるため、現在では最強ランクのビタミンCだと言われているのです。

 

 

・どうしてもニキビが治らない。

 

・何がなんでもニキビを即効で治したい。

 

このような場合に最も最適だと、いま現在言われているのが驚異的な浸透率と吸収率を備え、ビタミンCの美肌効果を最も肌に働きかけることができる最新型ビタミンC・VC200です。

 

【公式】

page top