ニキビ ビタミンC 化粧水

ニキビへのビタミンC化粧水は2つの種類がある?

 

 

ニキビのためのビタミンC化粧水ってどんなものを選んでいますか?

 

私はアホなのでテキトーにビタミンC配合!、とか高濃度ビタミンC含有!、こういったことが書いてあるビタミンC化粧水を選んでいました。

 

でも、こうやってテキトーに決めて、テキトーに使っていたビタミンC化粧水では全然ニキビがよくならず治りませんでした。

 

 

落とし穴があったんですね...。

 

実はビタミンC化粧水といっても種類があると。

 

そして、主にざっくりわけて2つのタイプがあると。

 

水溶性油溶性

 

なんじゃそりゃー、と思うかもしれませんが意外に簡単です。

 

  • 水溶性ビタミンC化粧水

肌になじみにくい。例えば肌につけても肌の中にはいってなじまないのでほとんど意味なし。水をいくらつけても肌に潤いやしっとり感は持続しないですよね?そんな感じです。

 

 

  • 油溶性ビタミンC

肌に溶けてなじみやすい。肌になじみやすいのでビタミンCが肌のなかにちゃんと入って(浸透して)ビタミンCの働きや効果をしっかりと果たしてくれる。

 

いま使ってるビタミンC化粧水で効果がない〜、全然ニキビが治らないふざけんな!、という感じの人はすぐに自分のビタミンC化粧水が水溶性か油溶性か調べてみてください。

 

もちろん私はアホだったので水溶性でした...(笑)

 

 

ただ、ニキビにビタミンC化粧水がいいのは正しいんです。

 

重要なのはちゃんとニキビに働いてくれるように肌になじみやすいビタミンCが入っている化粧水か?、ということなんです!

 

いまニキビへのビタミンC化粧水はどんなものが人気か?

 

 

人気ランキングとか口コミとかってあまり参考になりませんよね?

 

そもそも自分に合うかどうかわからないし、ランキングで上位に入っているやつでも使ってみたらなんでこんなカス商品が人気なの?

 

と??になったことが私にも何度かありました。

 

 

そこで、私がニキビのためのビタミンC化粧水選びで大切にしたことが医療の現場でも結果のでているものを使ってみるということ。

 

ニキビがブツブツできたときは皮膚科など病院に行こうと思ったのですがヤブ医者だったりするとイヤだったり、病院代がもったいないとか考えてやめてしまったんですね私の場合は。

 

ただ、いまはネットでいろいろと医療現場で活躍しているドクターが情報発信をしているので、そういったものを参考にしてヤブ医者ではなくて権威のあるドクターがすすめるものを中心に調べてみました。

 

 

やはり、ちゃんとした権威のあるお医者さんってすごいですね。

 

ドクターXという米倉涼子が主演のドラマで医者不信になっていた私ですが、医者や病院への信頼が回復しました(笑)

 

 

最新のビタミンCが配合されているニキビへの化粧水がちゃんとあるんです。

 

私の場合、乾燥しやすくて敏感肌なのでニキビの薬や化粧品にありがちなヒリヒリ感やピリピリするやつだとダメなんですね。

 

そして、はじめに買った水溶性の肌になじみにくいビタミンC化粧水はイヤだということ。

 

  • ヒリヒリ感やピリピリしない低刺激
  •  

  • ちゃんとビタミンCが肌になじんで効果をはたしてくれる浸透力

 

この2つを満たした医療現場で結果がでているビタミン化粧水&クリームであるコレでニキビの悩みが一発で解決しました。

 

ホント、ちょくちょくまたアゴにニキビできたよ〜、頬にニキビできた...またコンシーラーの出番かよという悩みがなくなったのがなんとも言えません。

 

なので、ニキビへの化粧水は水溶性のものだけは避けてくださいね!

 

水つけてニキビ治るかな〜?というレベルですから(笑)

 

間違えてない?正しい化粧水のつけ方

 

 

私はとりあえずバシャバシャと塗っておけばOK!、という感じでした(笑)

 

これではまずいですよね(汗)

 

 

化粧水は基本的に美容液やクリームと違って、どれだけ大量に肌になじませても一定量以上はすぐに蒸発してしまいます。

 

なので、正しいつけ方は各化粧水の取扱説明書に書いてある量だけを肌になじませる。

 

これが正解です。

 

例えば10円玉サイズ分とか手の平にだいたい5滴たらしてとか、必ず各メーカーが推奨する一定量があると思います。

 

各メーカーは適量を使えば効果があるという分量をおすすめしているので、それを守っていれば大丈夫ということですね。

 

アホな私のようにバシャバシャと水浸しになるようなほど塗っても意味ありませんよ(笑)

 

化粧水をつけるときは手?、それともコットン派?

 

個人的にはどちらでもいいと思いますが、私は手で肌になじませるようにやっています。

 

 

ただ、いろいろなメーカーの化粧水の説明書を読んでNGダメだったのが、手でパチパチと叩くようにつけることですね。

 

これをやってしまうと刺激からニキビが悪化してしまったり、赤ら顔やシミの原因になってしまうそうです。

 

なので、スーっと肌へすべらせるようにやさしくなじませるのがポイントです。

 

あとはやっぱり適量を使うこと。

 

そして乾燥しやすいフェイスラインや目元は押さえるようになじませるといいですね。

 

 

次にコットン派の場合です。

 

正しいやり方はコットンに適量を含ませて裏側までしっかりしみこませてから、やさしくすべらせるように内から外へとまんべんなく肌になじませること。

 

逆にコットンで強くすりこませるように塗るのはNGです。強さから肌にダメージを与えてしまいます。

 

またニキビが傷ついてニキビ跡になってしまう可能性もあるので、「強くこする」よりも「やさしくすべらせる」または「やさしくおさえる」というやり方がいいですね。

 

 

自分の手、コットン、どちらでも好きなほうで化粧水をつけてもいいですが、間違ったやり方だけには気をつけましょう。

 

つけ方でニキビが悪化、そしてニキビのない箇所の肌にもダメージを与えてしまうことになりますからね。

 

 

page top